団について


私たちは、聖心女子大学公認の女声合唱団です。入学式、卒業式という学校行事の出演、毎年春に開かれる定期演奏会、10月に聖心祭、12月のクリスマスコンサートで日々の練習の成果を発揮しています。

練習は月・水・金の週三回。そのうち2回は、常任指揮者の辻康介先生、ボイストレーナーの山中真佐子先生にご指導いただいております。演奏会では学生のみで創りあげるステージもあります。

音楽が好きな方、歌が好きな方、ピアノが好きな方、合唱にチャレンジしたいという方、そして演出に興味のある方、大歓迎です。

学年、時期問わず部員募集してます!!気になる方はメールお待ちしています♪

任指揮者 辻康介


《略歴》

  国立音楽大学理学科卒、同大学音楽研究所修了、ミラノ音楽院とミラノ市立音楽院の古楽科で学ぶ。声楽を牧野正人、クラウディオ・カヴィーナらに、古楽理論をディエゴ・フラテッリらに師事。イタリア・ルネサンス音楽を中心に歌い、マドリガーレを専門レパートリーとする声楽アンサンブル「SETETTO VOCALO」を主宰。また、「南蛮ムジカ」を主宰しイタリア初期バロック音楽を歌う。さらに、「ネーモー・コンチェルタート nemo concertato」を主宰し、古楽と様々な音楽を融合させた「ネオ・ラジカル古楽歌謡」を歌う。モンテヴェルディ「オルフェオ」(宮城聡)や「オル フェオの冥界下り」(安田登構成・演出)のオルフェオ役、「イナンナの冥界下り」(安田登構成・演出)のイナンナの声。「ジョングルール・ボン・ミュジ シャン」「都市楽師プロジェクト」メンバー。「メアリー・スチュアート」(2015年パルコ劇場)音楽監督。「体感音楽史:ソルミゼーション」講座を各地 で開催、受講生による合唱団「オグミオス Ogmios」を指揮・指導する。

イストレーナー 山中真佐子


《略歴》
岩手県生まれ。洗足学園音楽大学声楽科卒業後渡仏。
キャロリーヌ・デュマ女史のもとでフランス歌曲、オペレッタ等の演奏法を、カミーユ・モラーヌ氏のもとで発声、フランス歌曲のアーティキュレーションを学 び、エコールノルマル ミュージック ドゥパリの声楽演奏家ディプロマ取得。木下保、秋元雅一郎、村田健司、キャロリーヌ・デュマ、カミーユ・モラーヌ、 ルチアノ・ベルタニョリオに師事。帰国後は「中世音楽合唱団」に参加し、皆川達夫氏のもとで中世・ルネッサンス音楽を学び、片山みゆき女史のもとで図形楽 譜を含む現代音楽におけるアンサンブルを学ぶ。
近年は聖フランシスコと関係の深い13世紀におけるラウダ中心のアンサンブル活動を行っている。
また東京、神奈川において少人数アンサンブルのヴォイストレーナー、アンサンブルトレーナーを勤める。
中世音楽合唱団、Laudesi Tokyo所属、カトリック田園調布教会11時ミサ聖歌隊指揮者、相模野混声合唱団指揮者。